2020年度 会長挨拶

教育後援会会長 山本正美

山本会長

2020年度の活動について

 この度2020年度明海大学浦安キャンパス教育後援会会長に就任いたしました山本正美と申します。2020年度の評議員会はコロナウイルスによる緊急事態宣言や外出自粛などの影響により、やむを得ず会議形式ではなく、書面議決による、議決権行使書を提出していただき承認いただく方法を取らせていただきました。役員同士も顔を合わせることが難しい中ではございますが、教育後援会の運営に好意的・協力的に集まった役員20名と各地区の評議員57名の皆様と力を合わせて運営に努めてまいりたいと思います。何卒よろしくお願いいたします。

 世界中が新型コロナウイルスによって、これまでにない恐怖と混乱した情勢になってしまいました。私たちは現実を見つめ、冷静に行動していき、暗中模索ではありますが、何をどうすべきか自分自身で考えなくてはならない状況になりました。これまでの当たり前が通用せず、急激な変化への対応力も求められています。常にストレスにさらされて極限状態になると、排除的な考えが噴出してきますが、協力なくして共存はないということを肝に銘じ、この難局を世代や立場を超えて思いやりをもって乗り越えていきたいと存じます。
 教育後援会という、一つの組織で何かできることがあれば少しでもお役に立てるように、私たち代表者が力を合わせて取り組んでいけたらと存じます。皆様のお力添えをいただき、活動してまいりたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 本会としましては、教職員と保護者の距離を近くしたいという思いから、主催事業として地区教育懇談会を例年行っております。本年度の地区教育懇談会の開催につきまして検討しましたところ、このような状況下であるからこそ、不安が高じてしまわれたと思われたため、新型コロナウイルス対策を講じつつ予定どおり開催させていただくこととなりました。しかしながら、その時々の状況により適切な対応を検討させていただきますため、急遽予定が変更される場合もあることをお含みおきいただきたく存じます。そのため、明海大学教育後援会ホームページをご覧いただき状況確認など有効活用していただければ幸いでございます。
 予定としましては、地区教育懇談会は6月の関東地区(1・4年)から始まり、11月の沖縄地区で締めくくります。全国11地区、12カ所で開催されます。安全第一に考え、残念ながら内容等が変更になることもございますこと、何卒ご容赦賜りますようお願い申し上げます。
 本会が大学、保護者、学生に何をしたら良いかを十分に吟味し調整しながらの活動をしてまいりたく存じます。そのためには安井学長をはじめ教職員の皆様、保護者の皆様、教育後援会役員の皆様の協力が必要となります。大変お忙しい中ではございますが、何卒ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

 

ページの先頭へ